前へ
次へ

売り主から中古物件を買うときには慎重に

新築のマンションや新築の一戸建てを買うときもそうですが、特に中古物件を買うときには慎重に検討する必要があります。
中古物件というのは、売り主が見学の対応や契約のための交渉などの売却活動をしていることがあります。
購入希望者が複数いる場合には、納得できる金額や条件を提示してくれる最も優先したい相手から交渉を詰めるそうです。
したがって、希望者が殺到している物件に気軽に購入申し込みをしてしまい、キャンセルなどということになると、迷惑をかけることがあります。
たとえ契約を交わしていなくても、申し込みする時点で必ず買うつもりで行いましょう。
中古物件の売り主は商売で売買をするわけではありません。
不動産会社から分譲物件を買うときにも同じです。
見学や資料請求はフットワーク軽く行ったほうがいいですが、購入申し込みをするならキャンセルは基本NGです。
高額な取引の場合相手にも迷惑がかかります。
正式な契約ではないからと軽く扱わず、慎重に行いましょう。

Page Top