前へ
次へ

こじ開けを防止するためのアイテムを設置

鍵をきちんと施錠したにも関わらず侵入されるケースがあります。
自宅に帰って玄関の扉を見ると鍵の部分がバールでこじ開けられていて見るも無残な状態になっていることがあります。
警備会社との契約をしていないお金を持っていそうな住宅だと、いくら鍵を厳重にしていても無理やり開けようとします。
玄関部分にはわずかな隙間があり、その部分からカンヌキが見えているときがあります。
その状態だと侵入犯はバールを差し込んで開けようとします。
扉の素材はバールなどで簡単に破壊されてしまいますが、バールが入らない状態にしておけば被害に遭いませんしそもそも狙われません。
そこで設置したいアイテムとしてガードプレートと呼ばれるものがあります。
扉の隙間部分に設置してカンヌキが見えないようにします。
この部分がガードされているといくらバールを使ってもカンヌキがつぶせないので玄関が開けられません。
侵入犯も無理をしてまで開けようとしないでしょう。

Page Top