前へ
次へ

情報量の多い街の不動産屋は使いやすい

大手不動産会社と比べると、地域密着型の小さな不動産屋では、物件数が少なく見つけることも困難だと思われています。
しかしこれは物件の数の問題ではなく、実は地域情報をたくさん持っていて条件に合った物件を紹介してくれるのは、小さな不動産会社のメリットになります。
地域の情報というのは、どのような人が住んでいて 世帯や年代なども含めた住まいの情報を持っています。
またオーナーとのパイプも常に持っていることもあり、賃貸料金の交渉や条件などを含めて話し合うことも出来ます。
これは大手不動産会社にはなかなかできないことで物件数は少ないですが、見つけた優良物件に対しての交渉可能なのが小さな不動産屋の特徴です。
そして融通が利きやすいのも大きなメリットとなり、入居時期や駐車場などが必要な場合、どこを借りるといいのかも都会では助かる情報です。
考え方で物件数よりも情報数ということでは、街の不動産屋は愛される会社になります。

Page Top